2013年03月14日

日頃から気を付けること




 糖尿病の治療では食事療法や運動療法が基本となりますが、それらの効果を更に上げるためにも、日頃の生活に気を付けなければなりません。ポイントは

 3食を規則正しく食べる
 決まった時間に食事をとるようにしましょう。不規則になると、血糖値の急上昇や急低下等コントロールがしにくくなります。朝食を抜いたり、深夜に食べたり、早食いややけ食いもやめましょう。

 適度な運動をする
 無理なくできて長く続けられる運動を選んで行いましょう。ウォーキング等の有酸素運動をしましょう。
 ほかにも水泳・水中ウォーキング・サイクリング等安全に無理のない範囲で行いましょう。
 

 睡眠は十分にとりましょう
 睡眠は糖の代謝に影響があるようです。短い睡眠時間だと糖尿病のリスクが高まったりと体に悪影響を及ぼすという論文も海外で発表されているようです。
 体内の生体リズムを保ち、ストレスを無くして規則正しい生活を心がけましょう。

 毎日入浴する
 入浴はリラックス効果がありストレスの解消にもなります。
 又神経障害の合併症のある人は知覚神経が麻痺してけがややけど等をしていても痛みを感じず、放置して悪化することもしばしばおこってきます。神経障害からくる皮膚の異常や壊疽の予防のためにも入浴をして、足の裏等もけがをしていないか・何か異常はないか確認をしてください。
 又糖尿病の患者さんは細菌やかびが原因の感染症にかかりやすくなっています。水虫や皮膚感染症にもなりやすいため、体を清潔に保つよう心がけましょう。


 歯周病ケアをする
 虫歯や歯槽膿漏にもかかりやすくなっていますので、食後の歯磨きを欠かさずにケアをしてください。

 以上のようなことを頭に入れ規則正しい日常生活を送れば病気の進行を遅らせるだけでなくひどい合併症になり命を危険にさらすこともなく快適に生活できるようになるだろうと思います。
 糖尿病は生活習慣病です。毎日の生活習慣を変えることで糖尿病を改善してください。
【関連する記事】
posted by ミーナ at 15:29| Comment(0) | 糖尿病の治療 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。