2013年04月24日

糖質制限食のデメリット




 糖質制限食のデメリットについて
 糖質制限食のデメリットについてネットでも色々な意見があるようです。
 私は医師からHbA1Cの数値を見て“このままではまずい”と言われ、あわてて血糖値が下がるにはどうすればいいのか探しているところに“糖尿病・高血糖合併症が糖質制限食で治った”という見出しの本を見て“ああこれだexclamation×2”と飛びつきました。
デメリットについては何も知らずにこの食事療法を始めてしまって1年が過ぎようとしています。

 ここにきてネットでデメリットについて書かれている記事を見て“ぎょっと”してしまったのですが、私はこの食事療法は間違ってはいないと確信していますexclamation×2

 私は医者でも研究者でもありませんが、この食事療法を始めてから血糖値のコントロールもでき糖尿病になるのではという恐怖から解放されています。

 糖質制限食を反対されている人がまず言われているのが、“脳の唯一のエネルギー源が糖質だから、糖質を制限すると脳に悪い”ということです。

 しかし、脳は確かにブドウ糖をエネルギーとして利用しているようですが、糖の摂取が少なくなると代わりに脂肪酸などが代わってエネルギー源として使用されるそうです。糖以外のものからブドウ糖を作れる(糖新生)ということは糖質の摂取を抑えたからといって糖が不足するという事はないということですねぴかぴか(新しい)したがって糖質制限食にしても脳の機能が低下する心配はないようです。

 私ももうすぐこの食事療法を始めて1年たちますが、もし脳の機能が低下していれば何かの症状が出ていてもおかしくはないのではないかと思いますが、 特別“脳が衰えたなあ”と感じることもなく生活できています手(チョキ)

 私たちは米を主食として子供の頃から育ってきました。そのせいで主食である炭水化物を取らないということに対しては少なからず抵抗や不安があるのも仕方ないかもしれません。

 しかし血糖値を上げるのはカロリーではなく糖質(炭水化物)です。つまりカロリー制限をしても血糖値のコントロールは難しいということになります。

 糖尿病の患者さんの中には、医師の指示通りの食事療法と運動療法を行っても糖尿病を悪化させて合併症を併発する人がいます。
 糖尿病になってもはじめのうちは自覚症状が出ないため、合併症を併発してはじめてあわてて治療を始める人も少なくないと聞きます。

 健康に何の問題もない・不安もない人は何を食べてもいいと思いますが、血糖値等に不安をかかえている人にとっては何らかの食事療法は必要です。

 “食事をして血糖値を上げて、薬やインスリンの注射で血糖値を下げる”ってよく考えると少し矛盾しているように私は思います。
 それより“血糖値を上げない食事をとる
(糖質制限食)”これが一番理にかなっているように思います。
 ぜひとも一度試してみてくださいexclamation×2

 
 

 
posted by ミーナ at 15:17| Comment(0) | 糖質制限食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。