2013年05月08日

アルコールを止められない人の食事療法




 日本では糖尿病の食事療法と言えば、カロリー制限が行われています。
 1日のエネルギー量=標準体重×25~30(労働や年齢等による)
  ※標準体重=身長(m)×身長(m)×22(BMI)
  ※あまり動かずカロリーを消費しないような人や高齢者・肥満の人等は25
   若い人・痩せている人・体を動かす消費カロリーの多い人は30
   で計算します。
 1日に必要なエネルギー量がわかったらそれを80kcalで割って単位数を出します。
 これを単位配分表や食品交換表に当てはめ食べる量をはかり、3食に分けバランスよく食べるというものです。面倒なカロリー計算が必要で、食事の量も大幅に減らすことになります。もちろん基本禁酒ですもうやだ〜(悲しい顔)食事は毎日の事なのに、食べる人にも作る人にも大きなストレスになってしまいますね。

 しかもバランスは糖質60% タンパク質15% 脂質25%が一番良いとされています。
 本当にこれでよいのでしょうexclamation&question血糖値をあげるのはタンパク質でも脂質でもましてやミネラルでもありませんexclamation×2糖質ですがく〜(落胆した顔)それなのに糖質60%・・・

 どう考えても理屈に合わないような気がします。血糖値を上げたくなければ、糖質を少なくするのが道理ではないでしょうかひらめきカロリーをいくら減らしても血糖値を上げる糖質を減らさなければ血糖値の上昇は防げないのです。

 アルコールについても基本的には禁酒という指示を出されるお医者さんが多いようです。
 しかしアルコールは高エネルギーですが、栄養素を含まない空っぽのエネルギーと言われています。即エネルギーとして使われ、血糖値を上昇させることはありません。

 したがって糖質制限の食事療法ではアルコールの摂取も決定とされています。つらーい禁酒をしなくてもいいのです。
 やっぱり“飲みにいかない?”って誘われてNOと断るのはさびしいものですよねもうやだ〜(悲しい顔)

 ただし糖質制限食ですから糖質の多いお酒はNGという事になります。
 ※焼酎・ウイスキー・ブランデー・ウォッカ・ジン・ラム等の糖質を含まない蒸留酒
 ※赤ワインや糖質0の発泡酒
 等は決定です。上手にチョイスしてお酒を楽しんでくださいぴかぴか(新しい)

 日本酒・ビール・白ワイン・紹興酒・梅酒等醸造酒やカクテル果実酒は糖質が多いのでさけてください。
 どうしてもビールや日本酒が飲みたい人は、糖質0の発泡酒や日本酒もあるようですのでそちらをセレクトしてください。1日2~3杯程度にして、飲みすぎには注意が必要です。健康な人でも飲みすぎはよくありません。
 肝臓にも負担をかけないようほどほどで楽しんでくださいるんるん

 締めのラーメンは厳禁です気を付けてくださいねわーい(嬉しい顔)

 



 
posted by ミーナ at 17:24| Comment(0) | 糖質制限食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。