2013年05月24日

炭水化物中毒




 
 糖質制限食は糖質(炭水化物)の摂取量を少なくする食事療法です。
 ご飯やパン・麺類等皆さんが毎日食べていたものがNGと聞くと、炭水化物でお腹を満たしていた私たちはそんなことしたくないと抵抗感を持たれたり、戸惑われたりする人もいらっしゃるのではないかと思います。

 血糖値が高いなら低くする薬やサプリメントを飲めばいいやなんて思っていませんかexclamation&question
 でも炭水化物を食べずにはいられないというのはもしかしたら炭水化物中毒かもしれないんですよがく〜(落胆した顔)

 炭水化物とはもう皆さんもご存じのように米や麦類とそれを材料として作るご飯・パン・麺(うどんやパスタ・ラーメン等)の事を言います。現在日本人は摂取エネルギーの60%以上をこの炭水化物から摂っています。

 炭水化物を食べるとすい臓からインスリンが分泌され体内でブドウ糖に分解されます。
 そしてそれが筋肉や脳のエネルギーとして使われ、残ったものは中性脂肪として蓄えられますがく〜(落胆した顔)
 炭水化物中毒とは炭水化物に対するインスリンの分泌が過剰になり、人間が本来持っている体のシステムが正常を保てなくなり中毒症状を起こすことを言いますexclamation×2

 食後3時間くらいすると低血糖状態になり、イライラしたり又すぐ食べたくなったりする人はいませんか。
 アメリカでは「カーボ・アディクション(炭水化物中毒)」というそうです。

 今まで炭水化物をよくまたは大量に食べていたような人は中毒の可能性大です。
 そういう私も確実に炭水化物中毒だと思いますふらふら

 炭水化物中毒の症状
 ☆食べることばかり考える。
 ☆食べても満足感が得られない。食後2時間くらいすると又何か食べたくなる。
 ☆疲労感が常にある。
 ☆説明のできないイライラや不安感や怒りを覚える等精神的に不安定になる。
 ☆感情が高ぶる。

 このような症状に心当たりのある人は炭水化物中毒の可能性があります。このままにしておくと遅かれ早かれ糖尿病などの生活習慣病や肥満になってしまいます。そうならないように
糖質制限食に切り替えましょう。

 炭水化物中毒を治すには個人差があり期間もまちまちのようですが、糖質の摂取を控える糖質制限食を続ければ人間の体が持つ本来のシステムに戻り中毒も治ります。
posted by ミーナ at 11:10| Comment(0) | 糖質制限食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。