2013年06月15日

糖質制限プログラムについて




 この14日間糖質制限プログラムは日本HACCP栄養管理協会監修のもと理事の石崎さんがまとめられたプログラムです。
 (日本HACCP栄養管理協会とは国に代わって様々な食品の製造工程や管理状態の安全を認定する協会)

 ご自身も健康診断で糖尿病が見つかり、カロリー制限の食事療法に限界を感じられたことと、おばあ様が糖尿病になられ2年後合併症の心筋梗塞で倒れられたことをきっかけに、糖尿病を治す方法をリサーチし始めたそうです。

 糖尿病の問題点は、血糖値が高いとか糖尿病だと気づいてもそのまま放置してしまい、合併症が見つかったり、病院に行き“即入院”と言われて初めてあわてて治療を始める人が多いことです。

 しかも医療機関を受診し、低カロリーな食事療法と運動療法に真面目に取り組んでも症状を悪化させて合併症へ移行してしまう人が少なくないことです。
 このような問題点と、薬を使ってもそれは糖尿病を治すというよりもただ血糖値を下げる為のものに過ぎない事に気づかれたことで、カロリー制限や運動や薬の必要のない糖尿病改善法を生み出そうと、自分を実験台に徹底的なリサーチと実験を繰り返し確立されたプログラムです。

 この14日間糖質制限プログラムでは2013年1月までですでに6200人の糖尿病患者さんが糖尿病を克服されているそうです。

 このプログラムは最終的に経口の血糖降下剤やインスリン注射を使わないことを目標としています。
 食事療法を一人で行っていると、色々な不安や壁にぶつかることもあるかもしれません。そんな時このプログラムはメールや電話でサポートしてもらえて大変心強いと思います。

 又薬やインスリンを使用している人は必ずメールか電話でサポートを受けながらこの食事療法に取り組んでください。

 まだまだこの糖質制限の食事療法を知らず面倒なカロリー計算を食事のたび行っている人もいらっしゃるかと思いますし、この療法を否定する医者もいらっしゃるかもしれませんが、日本でも2012年5月日本糖尿病学会が糖尿病の治療法の一つだと認めた療法です。

 サプリメントや薬・インスリンなどに頼るより食事療法で根本から直した方がどれだけいいかわかりません。ストレスのない食事療法です。

 私もこの糖質制限食と出会い血糖値も正常値になり落ち着いて1年がたちました。この食事療法に出会えたこと本当にラッキーだったと思っています。

 血糖値が高いと言われている人、糖尿病の治療をしている人是非初めて見てください。
posted by ミーナ at 16:45| Comment(0) | 糖質制限プログラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。