2013年06月22日

糖尿病性壊疽




 糖尿病性壊疽
 高血糖状態が長年続くと神経障害や動脈硬化といった合併症がおこります。
 足に動脈硬化がおこると血流が悪くなり酸素の供給も少なくなったりします。血流が悪くなると細菌感染もしやすくなります。
 又神経障害が進行すると足の痛み等を感じにくくなるため、ちょっとした足のけがや傷に気づかず悪化し化膿してはじめて気が付いたりします。又高血糖の状態が続くと全身の免疫能力も低下して細菌感染を起こしやすくなり、ちょっとした靴擦れも化膿してしまうこともあります。このように合併症が重なりあって壊疽がおこります。

 壊疽は皮膚や皮下組織の細胞が死んで腐り紫色や黒色に変色し広がったものです。ひどくなると骨まで達してしまうこともあり広範囲に壊疽が広がったり、重症感染を併発したりすると足を切断しなければならなくなったりします。

 壊疽にならないためには血糖のコントロールが第一です。
 そして毎日足のケアをし清潔に保つようにしましょう。毎日足を観察し靴擦れや水虫・タコなどがないか足の指の間や足の裏もしっかり見て、傷等があれば早めに専門医を受診し悪化しないように気を付けましょう。
 こたつでの低温やけどにも気を配りましょう。

 血糖のコントロールには血液検査で自分の血糖値を把握することが必要です。なかなか忙しく医療機関を受診できなかったり、検査を受けることに抵抗のある人などは自宅でできる
 KENSA.BIZの郵送検査キット
があります。!『KENSA.BIZ』は、臨床実地クリニックとして13年の実績を持つ、「医療法人社団 理仁会」がお送りする在宅郵送検査のキットです。

 検査キットが届いたら、採取した検体を送っていただくと専門機関で検査し結果をマイページにアップロードします。

 マイページで結果を確認できますからプライバシーも保護され周囲に知られることもなく安心です。
 糖尿病は今や国民病と言われるくらい成人の4人に1人が糖尿病又はその予備軍であるという実態調査結果も出ています。糖尿病がひどくなって合併症を併発する前に皆さんも一度検査を受けてみませんか。


 

 
posted by ミーナ at 21:14| Comment(0) | 合併症 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。