2013年03月01日

糖尿病の検査



 糖尿病の検査には、尿糖検査・血糖検査等があります。

 尿糖検査は尿の中にブドウ糖が含まれているかどうかを調べる検査になります。
 血液中の糖は腎臓で濾過されて細尿管で再吸収されますので、普通尿の中には出てきません。
 しかし、ブドウ糖がある一定の数値を超えると再吸収されなくなり尿の中に残ります。
 ただ軽い糖尿病の場合は尿糖が出ない場合もありますし、検査前日にお酒を飲みすぎていたり、スト
 レスでも尿糖が出てしまう場合もあるようですので、尿糖検査だけで糖尿病と確定診断することはで
 きません。

 血液検査では、随時血糖検査・空腹時血糖検査・ブドウ糖負荷試験・HbA1C等の検査が行われま
 す。
 
 随時血糖検査とは、食事等に関係なく普段の血糖値を測るものです。血糖値は1日の中でも上がった
 り下がったりしますので、測った時に高くても異常とは言えませんが、数値が200ml/dl以上で
 あればそれだけで糖尿病型と判定されます。

 空腹時血糖検査とは、朝何も食べていない状態で血糖値を測るものです。空腹時血糖値が60~
 109ml/dlなら正常型、110ml/dl以上であれば境界型・126ml/dl以上であれば糖尿病型と 判定されます。

 ブドウ糖負荷試験とは、ブドウ糖を飲んでその後の血糖値を測るものです。75gのブドウ糖を飲んで飲む 前と飲んだ後30分後・1時間後・2時間後に尿糖値と血糖値を測ります。
 2時間後に血糖値が140ml/dl未満であれば正常・200ml/dl以上であれば糖尿病型と判定され ます。

 HbA1Cとは、過去1~2か月間の平均血糖値がどんな状態かを調べる検査です。
 血糖値は食事等によって上がったり下がったりしますが、HbA1Cは血糖と違い食事の影響を受けないた め、検査の前だけ食事を控えても日頃から気を付けているのかどうかがわかる検査です。

 HbA1Cha2012年4月より表記が変わりました。
 今まではJDS値という数値を使用していました。これは4,3~5,8%が正常値でした。
 2012年4月より国際標準値(NGSP値)を使用することになりました。
 これは4,6~6,2%が正常値とされています。

 HbA1c(JDS値)が6,1%
 国際標準値(NGSP値)が6,5%以上の場合糖尿病型と判定されます。

 今は自宅で簡単にできる検査キット生活習慣病・糖尿病検査
があります。自宅で検査して送れば結果がわかりますから、わざわざ医療機関は行かなくてもすみます。一度検査キットで調べてみてもいいですねわーい(嬉しい顔)

 検査結果から糖尿病型とわかっても、これだけではありません。合併症の程度や肥満しているか・脂質異常 症があるかどうか等総合的にみて治療の方法が決められることになります。

 合併症がなく血糖値のコントロールもできるようなら、薬を使わず定期的に検査をしていくことになりま  す。

 薬を飲んだり、インスリンの自己注射をせずに済むためには食事と運動がカギです。この方法だと血糖値はすぐに下がります。私はHbA1C(NGSP値)が6.3%あったのが1か月後 の血液検査では5,5%に下がりました。皆さんも始めてみませんかexclamation×2
 
14日間糖質制限プログラム


posted by ミーナ at 17:37| Comment(0) | 糖尿病について | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

糖尿病の症状




 糖尿病は40代以上になると、3人に1人が糖尿病だと言われていますがく〜(落胆した顔)
 糖尿病の怖いところは、初期の段階では自覚症状が全くないことです。

 人間痛み等の自覚症状があれば自分から病院に行くでしょう。又医者嫌いで病院へ行きたがらない場合は家族が無理やり連れて行ったりもするでしょうが、初期の糖尿病には症状があまりありませんので、気付いたときにはある程度病気が進んでしまっているようです。


 健康診断や人間ドックにはいって血液検査をして、血糖値が高いのがわかった。なんて人も少なくないのではないでしょうか?今は医療機関に行かなくても自宅でできる簡単な検査キット生活習慣病・糖尿病検査
があります。それを使って一度自分の血糖値を把握するのもいいかもしれませんねわーい(嬉しい顔) 

 糖尿病は症状がないから、「ほっといたらそのうち治るかも」なんて甘い病気ではありませんexclamationいつの間にか合併症を発症していたなんて事になりかねませんもうやだ〜(悲しい顔)

 そうならないように症状について書きます。当てはまる人がいたら、早めに食事療法に取り組んでみてください。


 症状
 ○疲れやすい
  ブドウ糖を活動エネルギーとして使えず、体外へ排出されてしまうと、エネルギーが足りなくなり疲れ
  やすくなります。

 ○のどが渇く  大量のブドウ糖を排出するため尿量が増えると、体の水分が吸い取られのどが渇くようになります。
  普段あまり水分を取らなかった人が、お茶や水ばかり飲むようになったりしたら注意が必要かもしれ
  ません。

 ○おしっこの量やトイレの回数が増える  ブドウ糖を尿から排出するためおしっこの量や回数が増えます。

 ○やせてくる
  太っていた人が急に痩せてきたりしたら、要注意です。
  活動エネルギーが体外へ排出されて、慢性的なエネルギー不足になると痩せてきます。こうなると
  ある程度病状が進行していると考えなければなりません。

 ○よく食べる  ブドウ糖を活動エネルギーとしてうまく利用できず、エネルギー不足がおこって空腹感が強くなり 
  よく食べるようになります。

 以上のような症状に心当たりのある人は注意が必要です。色々な合併症を引き起こす前に、食事療法
 を始めてみませんか?
 
14日間糖質制限プログラム
思ったよりも苦痛なくできると思います。私も糖質制限食で血糖値を改善することができましたわーい(嬉しい顔)
posted by ミーナ at 14:39| Comment(2) | 糖尿病について | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

増え続ける糖尿病患者とその予備軍




 糖尿病の人ってどれくらいいると思いますか病院
 2007年の国民健康・栄養調査では糖尿病が強く疑われる人が890万人・糖尿病の可能性が否定できない人1320万人合わせて2210万人の人が全国で糖尿病であると推定されています。

 それに糖尿病と疑われる人の中で4割の人が治療を受けたことがないという恐ろしい結果が出ています。

 私の友達のおじさんも足を切断しなければならないと言われびっくりしてほかの病院に行って調べてもらったら、糖尿病とわかり糖尿病の治療をしたら足を切断しなくてもよくなったとのことでした。危ないところでした。もし糖尿病とわからなければ足を切断していたかもしれませんよねがく〜(落胆した顔)

 それくらい糖尿病ははじめは痛み等の自覚症状がないから、みんな「血糖値が高い」と言われてもあまりピンとこないで治療を受けない人が多いんでしょうね。でも今は医療機関に行かなくても自宅で簡単にできる検査キット生活習慣病・糖尿病検査
があります。一度自分で検査をしてみるのもいいかもしれませんねわーい(嬉しい顔)


 糖尿病といえば合併症も怖いですね。
 血糖値が高いと言われたら絶対にそのままにしないでください。
 私は画期的な改善策を見つけました。皆さんもチャレンジしてみてください。
 
14日間糖質制限プログラム
posted by ミーナ at 15:52| Comment(0) | 糖尿病について | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。