2013年03月28日

脳梗塞




 糖尿病またはその前段階でも高血糖状態が続いていると、知らず知らずのうちに動脈硬化が進行していることがあります。
 動脈硬化とは血管が傷つき破れたり、コレステロールなどがたまり血管の中が狭くなってしまい血液の流れが悪くなり詰まってしまったりするものです。
 脳動脈が詰まれば脳梗塞、血管が破れて出血すれば脳出血、心臓の冠動脈が詰まれば心筋梗塞・狭心症になります。下肢で動脈硬化が起こると壊疽になります。
 動脈硬化は命の危険もある恐ろしい病気です。糖尿病の人はそうでない人に比べて2~4倍脳卒中や心筋梗塞になりやすいと言われています。

 脳梗塞は脳の血管が詰まって起こる“脳血栓” と脳以外のところでできた血栓が流れてきて詰まる“脳塞栓”の2つがあります。


 脳梗塞の兆候
 突然言葉がでなくなる
 手や足に麻痺やしびれが起こる
 ろれつがまわらない
 物忘れがひどくなる
 箸やペンを落とす

 このような症状が数秒間おき消えるような場合は脳梗塞の前触れだと思ってください。脳の血管が一時的に詰まったものの流れが再開したため一時的な症状で済んでいますが、この兆候を見過ごすとある日突然脳梗塞の発作が起きる可能性があります。疲れかななどと楽観視せず“あれっ!!”と思ったら医療機関を受診し検査を受けてみてください。

 脳梗塞の後遺症
 片麻痺・・・右か左のどちらかに手足の麻痺が起こる
 視覚障害・・右か左のどちらかの目が見えなくなったり、眼球が動かなくなる
 感覚障害・・感覚が鈍くなり、しびれや痛みが起こったりする
 構音障害・・つっかえたり、繰り返しの言葉がうまく出なかったりとしゃべりにくくなる
 失認・・・・知っている事柄でも認識できなくなる
 失行・・・・手足の動かし方などがわからなくなる
 排泄障害・・排尿等がうまくできない
 嚥下障害・・食べ物や飲み物をうまく飲み込めない

 認知症やうつ病など脳のどの部分が損傷を受けたかによってあらわれる後遺症もいろいろあり程度も個人差がありますが、日常生活をおくるのに支障がでてきます。このようなひどい状態になる前に兆候を見逃さないようにしましょう。
 
 

 
posted by ミーナ at 09:53| Comment(0) | 合併症 | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

合併症4




糖尿病の合併症と言えば“糖尿病網膜症”・“糖尿病腎症”・“糖尿病神経障害”この3つが3大合併症としてあげられますが、それ以外にも様々な合併症があり全身に出現すると言われています。

 高血糖状態が続くと全身の細い血管がダメージを受けますが、細い血管だけでなく太い血管もダメージを受け動脈硬化が進行してきます。糖尿病が血管の病気と言われる所以です。血管障害には細小血管障害と大血管障害があります。3大合併症と言われている合併症は細い血管が集まっている目や腎臓等の合併症なので細小血管障害になります。これは糖尿病特有の合併症です。

 これに対して大血管障害は糖尿病特有ではありませんが高血圧・高脂血症・肥満・喫煙・運動不足等他の危険因子が重なることによって、糖尿病に罹っていない人より発症率が高くなったり、進行が速くなったりする病気の事で、動脈硬化による血管障害の事です。

 大血管障害には虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)や脳血管障害(脳梗塞)糖尿病性壊疽があります。それ以外にも高脂血症・慢性感染症・胆石症・白内障・緑内障・がん・アルツハイマー型認知症等様々な合併症が全身でおこる可能性があります。

 このように命にかかわるような合併症になる前にまず食生活を見直してみませんか?
 糖尿病を発症させない、又は進行させないためには血糖値のコントロールが必要です。血糖値を上げているのはカロリーではありません。炭水化物(糖質)です。糖質を制限すれば食後の血糖値の上昇を抑えることができます。現在行われている糖尿病の食事制限では血糖値のコントロールは難しいようです。今注目され始めた“糖質制限食”日本でも2012年5月に日本糖尿病学会が治療法の1つとして認めています。

 私もHbA1Cの数値が高くなり医者から血糖値を下げるように言われ、糖質制限食を始めました。1か月後HbA1Cの数値も正常に戻り今は不安もなく生活しています。

 中にはまだ否定的な意見を言う医師もいるようですが、私は理にかなった方法だと思って現在も続けています。このプログラムはサポートもしてもらえるので一人で不安のまま続けることもありません。
“全額返金保証”もついています。自信がある証拠かなと思います。
 購入者の口コミで広がっている薬を使わない
14日間糖質制限プログラム
です。血糖値に不安を持っている人は是非始めてみませんか?
 


 
posted by ミーナ at 15:23| Comment(0) | 合併症 | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

糖尿病性神経障害





慢性合併症の3つ目に挙げられるのが「糖尿病性神経障害」です。
 糖尿病の3大合併症のうち頻度が高く、もっとも早くからあらわれると言われているのがこの病気です。

 高血糖の状態が続くと末梢神経の機能が低下してきます。
 末梢神経には手足を動かす運動神経と熱い・冷たい・痛い等を感じる知覚神経・体の様々な組織等の働きを調節する自律神経の3つがあります。

 糖尿病性神経障害は知覚神経と自律神経の機能が低下して色々な症状が出てきます。
 糖尿病性神経障害は3つに分類することができます。
 
 多発性神経障害・・・手足がしびれる・ジンジンする・神経痛・冷感・こむらがえり
           
 自律神経障害・・・・発汗異常・便秘・下痢・立ちくらみ・膀胱障害・胆のう無力症

 単一性神経障害・・・顔面神経麻痺・四肢の神経障害

 等の症状が現れます。

 糖尿病性神経障害の検査
 腱反射検査・・・・・神経障害がおこると腱の反射がなくなります。刺激の伝達能力を調べる検査です。
           ゴム製のハンマーで膝の下を軽くたたいて反射を調べる簡単にできる検査です。

 振動覚検査・・・・・振動させた音叉計をくるぶしにあてて、振動を感じている時間をはかります。

 知覚検査・・・・・・針等で皮膚をつついて感じるかどうかを見る検査です。

 心拍変動測定・・・・自律神経障害の検査で、心電図を取りながら呼吸と脈拍の変化を調べます。

 その他・・・・・・・合併症の症状によって、胸部X線検査等の画像検査があります。
 
 症状を改善するための薬としては、神経障害をおこす原因物質の働きを抑えるアルドース還元酵素阻害剤が使われますが、糖尿病性神経障害の治療はまず血糖のコントロールです。初期の頃であれば適切な血糖のコントロールを行うだけで症状をなくすこともできるようです。

 血糖値のコントロールには
14日間糖質制限プログラムが効果的です。カロリー制限なしで血糖値を正常値に戻すことが出来ます。ストレスなく取り組める食事療法です。皆さんも試してみてください。
posted by ミーナ at 19:10| Comment(0) | 合併症 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。