2013年06月22日

糖尿病性壊疽




 糖尿病性壊疽
 高血糖状態が長年続くと神経障害や動脈硬化といった合併症がおこります。
 足に動脈硬化がおこると血流が悪くなり酸素の供給も少なくなったりします。血流が悪くなると細菌感染もしやすくなります。
 又神経障害が進行すると足の痛み等を感じにくくなるため、ちょっとした足のけがや傷に気づかず悪化し化膿してはじめて気が付いたりします。又高血糖の状態が続くと全身の免疫能力も低下して細菌感染を起こしやすくなり、ちょっとした靴擦れも化膿してしまうこともあります。このように合併症が重なりあって壊疽がおこります。

 壊疽は皮膚や皮下組織の細胞が死んで腐り紫色や黒色に変色し広がったものです。ひどくなると骨まで達してしまうこともあり広範囲に壊疽が広がったり、重症感染を併発したりすると足を切断しなければならなくなったりします。

 壊疽にならないためには血糖のコントロールが第一です。
 そして毎日足のケアをし清潔に保つようにしましょう。毎日足を観察し靴擦れや水虫・タコなどがないか足の指の間や足の裏もしっかり見て、傷等があれば早めに専門医を受診し悪化しないように気を付けましょう。
 こたつでの低温やけどにも気を配りましょう。

 血糖のコントロールには血液検査で自分の血糖値を把握することが必要です。なかなか忙しく医療機関を受診できなかったり、検査を受けることに抵抗のある人などは自宅でできる
 KENSA.BIZの郵送検査キット
があります。!『KENSA.BIZ』は、臨床実地クリニックとして13年の実績を持つ、「医療法人社団 理仁会」がお送りする在宅郵送検査のキットです。

 検査キットが届いたら、採取した検体を送っていただくと専門機関で検査し結果をマイページにアップロードします。

 マイページで結果を確認できますからプライバシーも保護され周囲に知られることもなく安心です。
 糖尿病は今や国民病と言われるくらい成人の4人に1人が糖尿病又はその予備軍であるという実態調査結果も出ています。糖尿病がひどくなって合併症を併発する前に皆さんも一度検査を受けてみませんか。


 

 
posted by ミーナ at 21:14| Comment(0) | 合併症 | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

狭心症・心筋梗塞




 狭心症
 心臓に酸素や栄養を運ぶ冠動脈という血管が狭くなったり、一時的に細くなっておこります。
 血液が十分に送られないため安静にしているときは少ない血流でも心臓は機能しますが、急ぎ足で歩いたり階段を上ったりすると心筋が酸素不足になって胸痛や圧迫感・動悸が起こります。胸の痛みは短く1分から10分以内にはおさまることが多いようです。

 心筋梗塞
 動脈硬化が進行して、血栓が詰まり完全に血流が途絶えると酸素も栄養も供給されなくなる為心筋の組織が壊死ししてしまうを心筋梗塞と言います。現在でも死亡率が30%前後と推定される危険な病気です。
 狭心症よりもはげしい胸の痛みと呼吸困難・吐き気・冷や汗等の症状があります。痛みが長く続くことも特徴の一つです。

 このように狭心症や心筋梗塞は一般的に胸の激しい痛みを伴いますが、糖尿病の人で神経障害の人は胸の痛みが症状として現れないこともあります。無痛性心筋梗塞と言い発見が遅れて心不全になってしまうケースもあるようです。

 糖尿病は血管病と言われ全身の大きな血管も細い血管も血管全体に障害を与えてしまう病気です。
 定期的に心電図検査を受けましょう。狭心症は安静時には発作が起こりにくい為、自転車こぎや階段の昇り降り等の負荷をかけて心臓の機能を調べる負荷心電図検査や24時間携行の心電図計を付けて普段通りの生活をするホルター型心電図検査等もおこなわれます。

 治療としては狭心症の場合は心筋梗塞への移行を防ぐことが中心となります。
 血圧が高いと発作を起こしやすくなるため、血圧のコントロールとともに危険因子をできるだけ排除します。血圧を下げるためには塩分量を1日5g以下に抑えるようにします。

 肥満は心臓に負担をかけ動脈硬化を促進したりするので、太っている人はダイエットをし適正な体重を維持するように心がけます。
 タバコは発作を誘発する因子になりますので禁煙します。動物性脂肪の摂りすぎにも注意しましょう。
 お酒は少量ならいいと言われていますが、基本的には禁酒もしくは少量にとどめるようにする。ストレスをためないようにする等日常生活に注意をしましょう。
 
 薬物療法としては発作時にニトログリセリン等の発作を防ぐための薬を使用したり、冠動脈を拡張させる薬・血液の凝固をおさえる薬などが用いられます。

 薬物療法で改善が見られない場合は冠動脈を広げる治療等が必要になってきます。

 経皮的冠動脈形成術(PTCA)
 カテーテルを通して、狭くなっている部分でバルーンを膨らませ内側から広げる方法です。

 経皮的冠動脈血栓溶解療法
 カテーテルを通して冠動脈内に直接血栓を溶かす薬物を注入する方法です。発作後6時間以内に行わなうと効果的です。6時間を過ぎると心筋が壊死し効果が期待できなくなります。

 大動脈バルーン・バンピング(IABP)
 大動脈内にカテーテルでバルーンを送り、心臓のポンプ機能を助け心臓の機能を回復させる方法です。

 冠動脈バイパス手術(CABG)
 カテーテル手術と違い、狭窄した冠動脈はそのままにして太ももの静脈や内胸動脈・胃大網動脈等の血管を使いバイパス(側道)を作り血流を改善する方法です。

 糖尿病による動脈硬化は太い血管から細い血管まで広範囲の血管が障害を受けています。狭心症や心筋梗塞などの発作を起こさないように、日常生活の習慣をかえていかなければなりません。
 入浴やトイレに行く時の温度差に気を付けるとか水分の補給を心がける・十分な睡眠をとりストレスをためない等日常生活でも注意をしてください。

 
posted by ミーナ at 17:42| Comment(0) | 合併症 | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

糖質制限プログラムについて




 この14日間糖質制限プログラムは日本HACCP栄養管理協会監修のもと理事の石崎さんがまとめられたプログラムです。
 (日本HACCP栄養管理協会とは国に代わって様々な食品の製造工程や管理状態の安全を認定する協会)

 ご自身も健康診断で糖尿病が見つかり、カロリー制限の食事療法に限界を感じられたことと、おばあ様が糖尿病になられ2年後合併症の心筋梗塞で倒れられたことをきっかけに、糖尿病を治す方法をリサーチし始めたそうです。

 糖尿病の問題点は、血糖値が高いとか糖尿病だと気づいてもそのまま放置してしまい、合併症が見つかったり、病院に行き“即入院”と言われて初めてあわてて治療を始める人が多いことです。

 しかも医療機関を受診し、低カロリーな食事療法と運動療法に真面目に取り組んでも症状を悪化させて合併症へ移行してしまう人が少なくないことです。
 このような問題点と、薬を使ってもそれは糖尿病を治すというよりもただ血糖値を下げる為のものに過ぎない事に気づかれたことで、カロリー制限や運動や薬の必要のない糖尿病改善法を生み出そうと、自分を実験台に徹底的なリサーチと実験を繰り返し確立されたプログラムです。

 この14日間糖質制限プログラムでは2013年1月までですでに6200人の糖尿病患者さんが糖尿病を克服されているそうです。

 このプログラムは最終的に経口の血糖降下剤やインスリン注射を使わないことを目標としています。
 食事療法を一人で行っていると、色々な不安や壁にぶつかることもあるかもしれません。そんな時このプログラムはメールや電話でサポートしてもらえて大変心強いと思います。

 又薬やインスリンを使用している人は必ずメールか電話でサポートを受けながらこの食事療法に取り組んでください。

 まだまだこの糖質制限の食事療法を知らず面倒なカロリー計算を食事のたび行っている人もいらっしゃるかと思いますし、この療法を否定する医者もいらっしゃるかもしれませんが、日本でも2012年5月日本糖尿病学会が糖尿病の治療法の一つだと認めた療法です。

 サプリメントや薬・インスリンなどに頼るより食事療法で根本から直した方がどれだけいいかわかりません。ストレスのない食事療法です。

 私もこの糖質制限食と出会い血糖値も正常値になり落ち着いて1年がたちました。この食事療法に出会えたこと本当にラッキーだったと思っています。

 血糖値が高いと言われている人、糖尿病の治療をしている人是非初めて見てください。
posted by ミーナ at 16:45| Comment(0) | 糖質制限プログラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。