2013年05月19日

糖尿病市民公開講座




 2013年5月18日(土)熊本県立劇場コンサートホールにて糖尿病の市民公開講座が開かれました。
 3階まで受講者でいっぱいで糖尿病に対する関心の深さがうかがえました。

 時間は約2時間で理事長の開会の挨拶から始まり、まずは健康落語やクイズその後お二人の講師による講演がありました。

 まず最初に立川らく朝さんという“表参道福澤クリニック”の院長でありながら、46歳で立川志らく門下に入門しプロの落語家としても活動を開始したという異色の落語家さんで、医師であるという立場を生かした、“健康落語”・“健康噺”・“健康一人芝居”という新しいジャンルで活躍している方の落語でした。

 糖尿病で入院している患者さんを題材にして、面白おかしく笑いを交えた落語で受講者の皆さんも笑いながら聞き入っていました。
 どうしても講演って堅苦しくて眠くなりそうな気がしますが、笑いを交えて糖尿病の食事療法に触れていて市民公開講座も楽しいものになりました。

 次は熊本大学大学院生命科学研究部代謝内科学教授の講演でした。
 “知っていますか?糖尿病のウソ・ホント”という演目での講演でした。
 会場の受講者にクイズや質問をしながら、血糖値がどれくらいで糖尿病と判断されるのかとか治療をせず放置していたらどうなるのか等わかりやすく話をされました。
 その中に“自分の空腹時の血糖値を知っている人”という質問があったのですが、食後の血糖値やHbA1Cの数値などは知っていても、空腹時の血糖値は知らない人が多かったようです。

 成人で糖尿病またはその予備軍がどれくらいいるのかという実態調査が行われた結果、全国平均は5人に1人に対して、熊本県では4人に1人という現状があるそうです。このままいくと3人に1人となりかねないそうです。

 糖尿病にならないようにするためにはどうしたらいいのか?
 肥満・過食・運動不足・偏食・家族歴と言ったものが原因として挙げられていました。これらに該当する人は人より気を付けなければならないという事でした。

 境界型または隠れ糖尿病と言われる人も注意が必要のようです。
 境界型で治療や生活改善等何もしなかった人は4年後4割が糖尿病になっているそうです。
 糖尿病と診断されていない人も油断せず生活改善に取り組む必要があるようですねexclamation×2
 食事・運動に注意して血糖値を測る事これが大事だと言われていました。
 堅苦しさのないわかりやすい解説で受講者の皆さんの糖尿病や健康に対する意識も高まったのではないでしょうか。

 次は順天堂大学教授による講演がありました。
 “こうして予防!糖尿病”と題したお話でした。
 ブドウ糖の役割やインスリンについてわかりやすい説明がありました。
 印象に残ったのは“糖尿病は怖い病気ではないと思う”と先生がおっしゃったことです。
 怖いのは糖尿病または高血糖を検診で発見されたのに、甘く考えてきちんと治療を受けていない事だということでした。
 今は糖尿病の治療は大変進んでいて早くに手を打てば“もう一度発症前の状態に簡単に戻ることが出来る”
 そのためには発見されたら放置せず、きちんと治療を受けに行く・生活習慣を改善する事これが大事だという事でした。

 生活改善では食事はおいしいものをきちんとバランスよく適量食べることだそうです。
 そして運動は週に150分はしてほしいという事でした。現在は糖尿病の発症年齢が下がってきている。
 パソコンの前に座りっぱなしだったりすることが原因では・・・生活の中に体を動かすことを取り入れることが必要だそうです。

 最後に質問がありました。
 “膝や腰が悪くて運動したくてもできない人はどうすればいいのか”という質問に対して
 生活の中で工夫してほしいとのことです。例えば早く筋肉が無くなってくるところは横隔膜なので、大きく息をすることを繰り返すと筋肉の衰えを防ぐことが出来るという事でした。
 ほかにも歩けなくても腕をぐるぐる回すとか机を腕で強く押すなども筋力を保つためには善いとのことでした。

 又立っているだけでもエネルギー消費は大きくなるそうです。週に150分の運動と言っても無理に運動しなくてもこのような生活の中の工夫で筋力を保つことが大切だそうでした。

 お二人の先生方が重ねて言われていたのが、血糖値が高いという事を甘く考えないという事でした。
 “食べ過ぎ無いように注意しよう”とか“運動をしよう”と思ってもついつい放置してしまいます。その放置がいけないのです。生活の改善と血糖値を測る事を肝に銘じてほしいとのことでした。そうすることで元気な人と同じ生活ができます。又糖尿病になる前に戻れるのです。

 生活改善の一つは食事療法です。お二人の先生方はバランスよくおいしく食事すると言われていましたが、私は糖質制限食が一番理にかなった食事療法だと思っています。
 

 面倒なカロリー計算がいらず、お酒も決定おいしくいっぱい食べられる食事療法です。

 血糖値の測定も忘れずにexclamation×2

posted by ミーナ at 15:40| Comment(0) | 公開講座 | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

アルコールを止められない人の食事療法




 日本では糖尿病の食事療法と言えば、カロリー制限が行われています。
 1日のエネルギー量=標準体重×25~30(労働や年齢等による)
  ※標準体重=身長(m)×身長(m)×22(BMI)
  ※あまり動かずカロリーを消費しないような人や高齢者・肥満の人等は25
   若い人・痩せている人・体を動かす消費カロリーの多い人は30
   で計算します。
 1日に必要なエネルギー量がわかったらそれを80kcalで割って単位数を出します。
 これを単位配分表や食品交換表に当てはめ食べる量をはかり、3食に分けバランスよく食べるというものです。面倒なカロリー計算が必要で、食事の量も大幅に減らすことになります。もちろん基本禁酒ですもうやだ〜(悲しい顔)食事は毎日の事なのに、食べる人にも作る人にも大きなストレスになってしまいますね。

 しかもバランスは糖質60% タンパク質15% 脂質25%が一番良いとされています。
 本当にこれでよいのでしょうexclamation&question血糖値をあげるのはタンパク質でも脂質でもましてやミネラルでもありませんexclamation×2糖質ですがく〜(落胆した顔)それなのに糖質60%・・・

 どう考えても理屈に合わないような気がします。血糖値を上げたくなければ、糖質を少なくするのが道理ではないでしょうかひらめきカロリーをいくら減らしても血糖値を上げる糖質を減らさなければ血糖値の上昇は防げないのです。

 アルコールについても基本的には禁酒という指示を出されるお医者さんが多いようです。
 しかしアルコールは高エネルギーですが、栄養素を含まない空っぽのエネルギーと言われています。即エネルギーとして使われ、血糖値を上昇させることはありません。

 したがって糖質制限の食事療法ではアルコールの摂取も決定とされています。つらーい禁酒をしなくてもいいのです。
 やっぱり“飲みにいかない?”って誘われてNOと断るのはさびしいものですよねもうやだ〜(悲しい顔)

 ただし糖質制限食ですから糖質の多いお酒はNGという事になります。
 ※焼酎・ウイスキー・ブランデー・ウォッカ・ジン・ラム等の糖質を含まない蒸留酒
 ※赤ワインや糖質0の発泡酒
 等は決定です。上手にチョイスしてお酒を楽しんでくださいぴかぴか(新しい)

 日本酒・ビール・白ワイン・紹興酒・梅酒等醸造酒やカクテル果実酒は糖質が多いのでさけてください。
 どうしてもビールや日本酒が飲みたい人は、糖質0の発泡酒や日本酒もあるようですのでそちらをセレクトしてください。1日2~3杯程度にして、飲みすぎには注意が必要です。健康な人でも飲みすぎはよくありません。
 肝臓にも負担をかけないようほどほどで楽しんでくださいるんるん

 締めのラーメンは厳禁です気を付けてくださいねわーい(嬉しい顔)

 



 
posted by ミーナ at 17:24| Comment(0) | 糖質制限食 | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

糖質制限食のデメリット2




 糖質制限食のデメリット
 食事を糖質制限食にすると、炭水化物を食べない分肉等を多めに食べることによって、コレステロールの摂りすぎになり動脈硬化を進行させて心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まると言って糖質制限食に反対している医師がいらっしゃるようです。

 確かに炭水化物を食べない分高脂質の食事にはなりますが、際限なく高脂質にするわけではなく必要なカロリーの分補うだけです。高タンパク・高脂質食になると言っても食事の仕方次第という面もあるのではないでしょうかexclamation×2私はおからや豆腐・納豆等大豆食品を多くとるようにしています。そうすると腹持ちもいいですし、高脂質にはならないのではと思っています。
さほど心配することは無いように思います。

 こういう私のコレステロール値は血液検査で毎回正常値になっています。

 確かに長期間のデーター不足のため糖質制限食にした場合の健康を心配する声もわからなくありませんが、1994年からアメリカの糖尿対策は大きく変わり、それまではカロリー制限食から糖質制限食(カーボカウント)に変わっているそうですし、世界各国の糖尿病治療の動きも糖質制限食へ変わってきているそうです。

 1994年からだともう20年近く前から糖質制限食が行われていることになります。カロリー制限食より糖質制限食が体に悪く早死にするようなら、アメリカをはじめ世界各国の糖尿病治療も糖質制限食にNOを突き付けているのではないでしょうかexclamation×2

 また糖質制限食にすると高タンパク・高脂質食になりがちです。この食事療法が向いていない人もいらっしゃいます。
 まず腎臓病等腎機能が低下している人は低たんぱく食の食事をするように医師から指示されている人や膵炎で低脂肪食にしている人肝硬変の人は病状が悪化する可能性があるそうですので、糖質制限食は行わないでください。

 
 糖尿病で食事制限をしている人は大変だと思います。糖質制限食は面倒なカロリー計算もいりませんし量も結構食べることができます。家族と一緒に外食もできます。ストレスの少ない食事療法だと思います。一度試してみませんかexclamation×2
14日間糖質制限プログラム
 レシピに糖質量も書いてあります。又食品標準成分表に糖質量もあり自分で料理するのにも便利になっています。180日間返金保証もついています。ぜひ始めてみませんかぴかぴか(新しい)
posted by ミーナ at 13:48| Comment(0) | 糖質制限食 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。